atomでReactの環境整える

自宅のWindows環境で、atomエディタ使ってReact開発をやると意気込んだ結果、以下でハマった。

開発環境整えるだけで、今日は終了。。。

  • サンプルコード書いたけど、エディタで補完できないので、Reactパッケージをインストールする
  • Packageインストールで、エラー発生
    Packages that depend on modules that contain C/C++ code will fail to install.
  • コマンドプロンプトで、「apm install –check」叩けって言われたから
    apmコマンド叩いてみたけど、そんなのないって怒られる
  • 「C:\Users\{ユーザ名}\AppData\Local\atom\app-1.11.2\resources\app\apm\bin」の配下にパスが通ってなかったので、環境変数のPathに上記パスを通す
  • apmコマンド再び叩く。OK。
  • 再度AtomでPackageインストールで、まだエラー発生。。。Read here for instructions on installing Python and Visual Studio.
  • Pythonをインストールして、再度AtomでPackageインストールで、まだ同じエラー発生。。。
    いろいろググってみたら、以下の環境変数を設定するといいらしいので、実行。
    setx ATOM_NODE_URL http://gh-contractor-zcbenz.s3.amazonaws.com/atom-shell/dist /M
    ※実行できない場合は、「/M」を外すか、管理者権限でコマンドプロンプトを実行するとできるようです。
  • 今度こそ!またエラー。今度はGit入れろって。
    Failed to install react because Git was not found.
  • Gitをインストール方法を見ながらインストール。
    コマンドプロンプトでGitコマンドも叩けるようになった!
  • ナムサン。。。。。。。。。。。。。。。。入りました(^^

ホントはReactどんなもんか触りたかったんだけどなぁ。。。まあ、明日やります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です