Powercenterの使い方について調べてみた。

Powercenterについて調べたのでメモ。

Powercenterとは?

ETLツールの1つ

GUIで操作しながら、データの流れを記述し、様々なデータソースからデータを変換しながら集めることができるツール

世界的なシェアは1、2位を争うシェア率(シェア30%くらい)

開発してるのは、Infomaticaという会社

ライセンスは使う機能によるが、1000万くらいはするみたい

無料ライセンスの、Powercenter Expressもある

ETLツールってなに?

E(Extract)、T(Transform)、L(Load)の略

あるデータを抽出(Extract)して、変換(Transform)して、登録(Load)するという意味

そもそもETLツールってなんで出てきたの?

ビッグデータ時代に、企業がビッグデータを活用するために利用してるのがETLツール

複雑なロジックを簡単に記述することができるので、生産性が高い

様々なデータソースからデータを取得できるので、柔軟な状況に対応できる

Powercenter使うとなにがウマイの?

GUIでデータの流れを記述できるので、開発者でなくとも理解しやすいツールだと思う
※ただ、SQLを記述したり、関数やフィルタといった用語が出てくるので、開発者の方がより効率良く開発できるとは思う。

SQL書かなくても、あるデータソースからデータを抜き出し、あるDBに登録する処理が書ける

異なるデータソース間でも結合とか比較とか計算とかできる

以上、今度、Expressでいろいろやってみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です